大分市の整体でパフォーマンス向上に特化した整体院

完全予約制TEL 097-560-1040

TEL

MENU

寒くなると身体が固くなる!?

冬が近づいてきましたね、朝と夜が寒いです。。。

さて、この時期からよく耳にするのが、寒くて体が縮こまるから凝りがつらくて、という話。

これって実際どうだと思いますか?

 

実はこれ、、、本当なのです。

結論が出ましたね。。。

 

意外・・・ではなかったですが、

ではなぜ硬くなるのでしょうか?

 

これには体温が大きく関係していて、

人の体温は35°c~37°cと個人差はあるものの、常に一定を保つようになっています。

でないと生命維持に支障が出るからです。

 

そこで外気が冷えてくるこの頃、朝と夜では温度が10°cを下回ります。

それでも自分の体温は一定を保たなくてはいけません。

すると身体は生命維持として体内で熱を産み出そうとします。

 

この時に筋肉が収縮するのです。

筋肉が縮まることで熱が産まれ、生命維持に役立てられます。 凝り < 体温維持 が優先されるんですね

 

これが、冬に体が凝り感が増す、固くなる理由でした。

 

それでは今回はこの辺で

暖かく過ごしていきましょう。

2020年11月04日 更新